「幽閉者」などテロリスト映画の情報について

映画「幽閉者」とテロリスト映画

映画「幽閉者」は、2006年で日本で公開され、テロリストが空港襲撃作戦の後、自決に失敗して幽閉され、拷問を受ける生活を描いた作品で、主人公が幻覚を見たり、過去を回想したりするシーンも数多く取り入れられております。
「幽閉者」をはじめとするテロリストを素材とした作品は、制作や公開を自粛されるケースも多いですが、それらの映画の存在価値は大きいと考える人々も少なからず存在するようです。

テロリスト映画の中には、冷酷非情な暗殺シーンを強調し、視聴者に戦慄や恐怖心を感じさせる作品も珍しくありませんが、主人公が日常社会との交流をする中で、人間的な感情に目覚める場面を描いた映画も少なからず存在します。
テロリスト映画には、戦車、戦艦、戦闘機、拳銃、機関銃、爆弾、手榴弾、地雷など、バリエーション豊富な数多くの乗り物や小道具、広大な敷地面積、長い撮影期間、多数のスタッフ、高額な製作資金等、多くの要素を必要とすることになるケースが少なくありません。

テロリスト映画の製作には、大企業の出資による場合と、自主製作による場合の2種類の方法が存在します。
テロリスト映画を成功させるには、優秀な専門スタッフを雇うことが必要不可欠な要素になります。

テロリスト映画の内容は、往々にして平和な日常生活とは無縁の世界と考えられがちですが、実は、意外な共通点が少なからず存在し、ためになったり、考えさせられたりする場面も珍しくないようです。
これらのタイプの作品が、凶悪な人格を育成したり、差別や闘争を激化させたりするとの見方もありますが、言論や表現の自由という大前提から考えれば、頭から否定して良いものとも思えません。

映画「幽閉者」の今後のスケジュールについて「幽閉者 足立正生監督作品 非公式HP」サイトから紹介があります。